災害に備えて家庭でできる事って何?今から出来る取組み

安全に避難できる準備

災害の準備を整えておこう

自宅に待機しているのは、危険かもしれません。 避難先に入った方が安全なのであれば、急いで避難してください。 ルートを知らないと安全に避難することができません。 避難先だけを把握するのではなく、ルートを調べておきましょう。 安全ということを重視して、ルートを見極めてください。

災害が起こった時に行く場所

みなさんは、災害の準備をきちんと済ませているでしょうか。
日頃からきちんと準備しておくことで、万が一の事態が起こっても冷静に対応できます。
災害が起こったら、早く安全地帯に避難しなければいけません。
地域によって、避難場所が異なっています。
自分たちはどこに避難すれば良いのか、事前に確認しておきましょう。
また避難ルートも把握してください。
災害が起こった時は、普段のルートが使えない可能性があります。
いくつかのルートを考えておくと、安全に避難できます。

避難する時に、適した服装があります。
災害が起こったら焦っているかもしれませんが、普段着のままでは避難中にケガをしてしまう恐れがります。
自分の身体を守れるような服装を意識してください。
玄関など、分かりやすいように避難用の服装を準備するのが良いですね。
すると避難する前に、すばやく着用できます。
せっかく準備しても、取り出しにくいところでは意味がありません。

また、赤ちゃんがいる家庭は赤ちゃん用の準備を忘れないでください。
赤ちゃんは、大人とは異なった準備が必要になります。
災害が起こった後は物資の運搬がストップすることがあります。
すると足りないものがあっても、気軽に買いに行くことができません。
自分で赤ちゃんに必要なものを考えて、事前に用意してください。
一般的に3日分の蓄えがあると、大丈夫だと言われています。
自分たちのことで、精いっぱいにならないよう注意しましょう。

避難する時にふさわしい服装とは

身軽な恰好で、避難することが重要です。 ですが肌を露出しいていると、ケガをする恐れがあるので注意してください。 肌を隠せる服を着て、避難してください。 避難する際は、履き慣れた靴を履きましょう。 慌てていると、裸足で家を出てしまう人が見られますが危険です。

赤ちゃん用の準備を済ませておこう

必要な準備を済ませておくことは、非常に重要です。 ですが大人用の準備だけ整えて、安心しないでください。 赤ちゃんがいる家庭は、大人用とは別に赤ちゃん用の準備が必要になります。 赤ちゃんが必要なものは大人とは異なるので、忘れないで用意を整えてください。


PAGE
TOP